『時間がかかります!』落ち着く言葉 ~No.236~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

怒り感情を共感して話を聴くのは、たしかに時間がかかります。 しかし、相手に心理的な安心を送らず未解決の問題を抱えたまま、ずっと先に進んでから誤解を正したり、やり直したりすることに比べれば、たいした時間ではない…ですよね。 そう!急がば回れ、時間がかかります。

『自分に価値はある!』落ち着く言葉 ~No.235~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

誠実さとは、基本的には自分自身にどれだけ価値を置いているかということ…ですよね。 また、自分に約束し、それを守る能力「言行一致」が自信の源になります。 「怒りの連鎖を断ち切る」主体的な人間として成長するために欠かせないもの…なんですよね! そう!自分に価値は…あるのです。

『自分の感情!』落ち着く言葉 ~No.234~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

自分の感情を言うだけで人の感情に耳を傾けなければ、同僚や家族など周りの人との関係はうまくはいきませんよね。 人間関係の正しい原則の知識がなかったら、自分の感情をコントロールすることが必要だとは思いもしないのかもしれません。 そう!まずは「自分の感情」を大切に。 また「怒り」のエネルギーも適切に。 そして「後悔しない」最善の選択を。 人生は「感情の選択」で決まるのです!

『 右脳左脳使う!』落ち着く言葉 ~No.233~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

イラッ!ときた最初の6秒間は「右往左往せず、右脳左脳」を使ってみましょう! 右脳と左脳の片方だけを働かすのではなく、両方をバランス良く使うイメージで6秒だけ意識してみましょう! そう!まずは状況全体を直観でとらえ、それから論理的に6秒考えてると…穏やかに対応できますよね。

『素晴らしいアイデア!』落ち着く言葉 ~No.232~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

大切な人とお互いに深く理解し合えたとき、創造的な解決策に通じる扉が開かれます。 そう!私たちの相違点が、コミュニケーションや感情を妨げることはなくなるのです。 それどころか、違いが踏み台になって「素晴らしいアイデア!」を創り出すことができるのです。

『わくわくした気分!』落ち着く言葉 ~No.231~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

成功者と言われる多くの人は「ワクワクした気分」を常に意識しています。 そして「怒りの感情」を感じた時は、自分にコントロールできないことは受け入れ、自分がコントロールできるワクワクしたい行動に集中するのです。 そう、いたってシンプル!「ワクワクした気分」を常に意識するだけなのです。

『チェンジはチャンス!』落ち着く言葉 ~No.230~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

「自分を好きにならなくては、他者を好きにはなれない」と言う人がいます。 たしかに一理 … ありますよね。 しかし、好きになれたとしても、短期間で消えてしまう「上辺だけの思い込み」になりがちですよね。 問題の本質は、自分自身を知り、自分を律し、感情をコントロールし「自分を奥深くから好き」になること…なんですよね。 そう!今日の節目から。

『 言葉選び大事!』落ち着く言葉 ~No.229~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

自分の言葉に耳を傾ける。 たとえば、私たちが普段話している言葉一つとっても、主体性の度合いを測ることができます。 「私にはできない」と言うよりも「私は○○○をすることを選ぶ」のほうが良いですよね。 そう!「本当に頭にくる人ね」と言うよりも「自分の怒りをコントロールしよう」のほうが良い気分!ですよね。

『 信頼の架け橋!』落ち着く言葉 ~No.228~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

親と子の意見が食い違い、溝ができているなら、約束を守る習慣を身につけることによって、その溝に「信頼という橋」を架けられます。 子どもがやろうとしていることが親からすれば好ましくなく、必ず悪い結果になることは大人の目には明らかなのに、子どもには見えていないとき …「それをしたらこういう結果になるんだよ。約束してもいい!」と、怒りを適切に表現できます。 そう!子どもが親の言葉と約束に深い信頼を置いているならば … 親の忠告に必ず従うはずですよね。

『あれか?これか?それだ!』落ち着く言葉 ~No.227~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

私たちは物事を「あれかこれか」の二択でとらえがちであり、答えは二つに一つしかないと思うときがありますよね。 たとえば、優しい人なら厳しくはないはずだと…思い込むのです。 しかし、人生に進化成長を目指す人は、優しさと同時に厳しさを持ち合わせているものです。 そう!相手の身になって考えるだけではなく、時に「怒りを適切に表して」自信を持って自分の考えを述べなくてはならない時もありますよね。

ページの先頭へ