『 赤ちゃんは、見てる!』

・怒りを detox ~9モジコトダマ~
怒り感情のピーク(6秒)に唱えよう!


デトちゃんデトちゃん

『アカチャンハミテル♬』


ひでとくんひでとくん

今日は、アンガーマネジメントを知らなかった保育士時代の「ほろ苦い失敗談」をお届けします!(^^;

〜「保育士を辞める」と、園長先生に告白した日の出来事 〜

当時担任の、つぼみ組(0歳児クラス)に途中入園された女の子がいました。

男性保育士の私に、目が合うだけで大泣きする、チョットだけ人見知りな女の子です。

もちろん私には笑顔は一度もみせられず…。

そんなある日、朝礼後に園長先生と面談し、2週間後に退職する事が決まりました。

何とも言えない面持ちでクラスに戻ると、その女の子が…私の目を見て笑っているではありませんか⁈

実はその時、初めて笑ってくれたんですよ。
しかも、ニコニコの “ 満面の笑み ” で!

もう「自責の念で限界」だった私を、暖かく包み込むあの笑顔は、今でも忘れられません…。(涙・涙)

〜 原因は「完璧主義」と自責の念からくる「怒り感情」〜

当時の私は、長年のサラリーマン根性が抜けきれておらず、過去の成功体験にコダワリ、完璧主義でプライドばかり高く…。

「自責の念からくる怒り感情で自滅」してしまいました。

「嗚呼、この時にアンガーマネジメント」を実践していれば…(苦笑)

しかしここは、保育園という真剣勝負の場。
原因のすべては、未熟だった私の責任です。

夢が叶った保育園、今では感謝しています。
学ばせて頂き、どうもありがとう!


ひでとくんひでとくん

追伸…赤ちゃんは話せなくても、私たち大人の「感情の機微」もしっかり感じてるんですよ!(^^)


デトちゃんデトちゃん

その後、ひでとくんは2年間、自責の念に取り憑かれ「怒りと真剣に向き合い」アンガーマネジメントを学んだとさ… つづく。

じゃあね~。バイバイ!(^o^)/