「落ち着く言葉(コーピングマントラ)」の記事一覧(2 / 21ページ目)

『最善の今日を!』落ち着く言葉 ~No.245~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

今日の目的地をはっきりさせてみましょう! そう!それは、人生におけるすべての行動を測る尺度、基準として、自分の人生の最後を思い描き、それを念頭に置いて「今日という一日」を始めるということです。 そうすれば「怒りの連鎖」から適切な距離を置いて、自分の人生全体のビジョンのために「最善の今日を」生きることができますよね!

『お互いが満足!』落ち着く言葉 ~No.244~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

全員にとっての良い結果(Win-Win)には「お互いが、満足」できる方法は必ずあるという考え方から始まっています。 しかし、怒り感情が全員に連鎖(lose-lose)してしまうと「お互い、ガマン族」となり、シャレにならないですよね…。 「怒りの連鎖を断ち切り」建設的に話し合うことは、全員が勝者(Win-Win)になるための根本となりますよね。

『なるほど!ガッテンだ!』落ち着く言葉 ~No.243~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

あなたは他者との違いを尊重することができます。 誰かがあなたの意見に怒り感情を表しても「◯◯さんは違う見方をしているんですね」と穏やかに言えます。 そう!相手の怒り感情に迎合する必要はないのです。 追伸…相手の意見を認め「理解しようとする」姿勢が大切なんですよね。

『感情に奉仕!』落ち着く言葉 ~No.241~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

他者の感情の助けになる。 仕事や友情を通して、あるいは人知れず奉仕活動をして、他者のために貢献してみる。 本質的な目的は人に働きかけ、お互いの感情に良い影響を与えることです。 それは他人から認められることではないのです。 そう!人に褒めてもらうことではなく、他の人たちの感情が豊かになるように奉仕することが大切なんですよね。

『 速攻で謝る!』落ち着く言葉 ~No.240~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

相手が気の毒だから謝るのではなく、自分から「怒り感情」に支配される前に、速攻で謝る! しかしながら「すぐに謝る」ということは、よほど強い人格でなければ、そうそうできるものではありませんよね。 そう!本心から謝るためにも、今日は自分をしっかりと持ち、自分の価値観からくる深い内的な安定性を意識してみましょう!

『まっとうな人間!』落ち着く言葉 ~No.239~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

まっとうな人間として、私たちは自分の人生の責任を引き受けています。 私たちの行動は、周りの状況ではなく、自分自身の決定と選択の結果ですよね。 私たち人間は、感情をコントロールして自らの価値観を優先させることができます。 そう!まっとうな人間は誰しも、自発的に、かつ責任を持って行動しているのです。

『そもそもの目的!』落ち着く言葉 ~No.238~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

長期的に夢を叶えるには「率先力と主体性」が必要と…よく聞きますよね。 しかし、何が重要なのか、人生において追求する結果をはっきりと思い描けていない人は「目先の怒り感情」ばかりに反応し、人生の目的からそれていってしまうのです。 そう!機会(Chance)をとらえたり、物事を実現させたりするには、能動的に動く(Action)為の「そもそもの目的」が必要なんですよね。

『周りを見てみよう!』落ち着く言葉 ~No.237~

落ち着く言葉(コーピングマントラ)

穏やかな人生を生きられる人は、自分のものの見方には限界があることを認められる謙虚さを持ち、心と知性の交流によって得られる豊かな資源を大切にしています。 そういう人が個々人の違いを尊重できるのは、自分とは違うものを持つ他者と接することで、自分の知識が深まり、現実をもっと正確に理解できるようになるとわかっているから…なんですよね。 そう!周りを見てみよう。

ページの先頭へ